> 活用記事 >ダウンロードしたApple Musicの曲をSDカードに保存する方法

ダウンロードしたApple Musicの曲をSDカードに保存する方法

分類:Apple Music変換ソフトの活用術|投稿者:森崎 直子|2018年1月22日

概要

Android携帯のApple MusicアプリはダウンロードしたApple Musicの曲をSDカードに移動したり、今後のダウンロードの保存先をSDカードに設定したりすることが可能です。しかし、SDカードを取り出して、他の携帯に挿入したら、Apple Musicの曲を認識できません。PCまたはMacでダウンロードしたApple Musicの曲をSDカードに保存しても同じ状況です。これはApple MusicにかかっているDRM保護のためです。Apple Musicの曲をSDカードに入れて、他のデバイスでも利用したい場合は、Apple Music変換ソフトを使って、Apple Musicの曲をMP3に変換する必要があります。

AndroidデバイスでダウンロードしたApple Musicの曲をSDカードに移動する方法

以前、Android携帯でのApple MusicアプリからダウンロードしたApple Musicの曲は内部ストレージだけで保存できます。時時に曲をダウンロードして、いつのまにか、内部ストレージの空き容量はすごく少なくなって、携帯の日常使用に不便さを齎します。文句ばかりで、流石のAppleもApple Musicアプリをアップデートして、ダウンロードしたApple Musicの曲をSDカードに移動したり、今後のダウンロードの保存先をSDカードに設定したりすることにしました。ここではApple Music Androidアプリで保存先をSDカードにする方法を紹介します。

AndroidでApple Musicの曲をSDカードに保存

ステップ1:Google Playストアから最新バージョンのApple Musicアプリをインストール・アップデートします。

ステップ2:Apple Musicアプリをタップして起動して、左上のメニューボタンをタップして、表示されたメニューで「設定」をタップします。

ステップ3:設定のリストで「ダウンロード保存先の場所」をタップして、「SDカード」を選択します。

ステップ4:ここでポプアップが表示されます。「ダウンロード保存先をSDカードにしますか」という質問が出て、「ディスクに保存されているミュージックはSDカードに転送されます」というヒントも表示されます。「はい」をクリックすると、設定完了です。

他のデバイスでSDカードに保存したApple Musicの曲を認識できません

SDカードを取り出して、他のデバイスに挿入して、他のデバイスでダウンロードしたApple Musicの曲を楽しむと思ったユーザーも少なくないです。もちろん、パソコンでApple Musicの曲をダウンロードして、SDカードにコピーして、他のデバイスで利用したいユーザーも多いです。しかし、ダウンロードしたApple Musicの曲はDRMで保護されたM4P形式です。殆どのデバイスは認識できません。なお、M4PファイルもApple IDに関連付けられています。たとえM4PファイルをSDカードに保存しても無駄です。この問題を解決するには、Apple Musicの曲を汎用のMP3、M4Aに変換してから、SDカードに入れて保存する必要があります。

Apple Musicの曲をMP3に変換、SDカードに入れて保存

TuneMobie Apple Music Converterを利用したら、Apple Musicの曲を簡単にMP3、M4Aに変換して、SDカードに入れて保存できます。Apple Music Converterの素晴らしい機能は以下です。

  • Apple Musicの曲のタイトル、アーティスト、アルバム、ジャンル、トラック番号などの情報を保持して一括にMP3、M4Aに変換
  • Apple Musicの曲をM4R、AC3、FLAC、AU、MKA、AIFFなどのオーディオ形式にも変換
  • WindowsでApple MusicをiTunesライブラリに追加することだけで、ダウンロード不要でも変換可能
  • 16倍の高速でApple Musicの曲をMP3、M4Aなどに変換
  • ID3タグを利用して、出力ファイルを一気に分類・改名
  • 最新のWindows 10、macOS High SierraとiTunesバージョンに対応

Apple Musicの曲をMP3に変換して、SDカードに保存して、様々なデバイスで利用する方法

ステップ1:TuneMobie Apple Music Converterを起動

TuneMobie Apple Music Converterを実行すると、iTunesも自動的に起動されます。ソフトはiTunesライブラリを読み込んで、左パネルでプレイリストとして表示されます。

TuneMobie Apple Music Converterインターフェース

ステップ2:Apple Musicトラックを選択

ミュージックプレイリスト或はApple Musicプレイリストをクリックして、変換したいApple Musicの曲をチックしてください。情報バーにあるボックスをチェックすると、プレイリストにあるすべての曲を選択できます。ツールバーにある検索ボックスを利用すれば、楽曲のタイトル、アルバム、アーティストなどを入力して検索すると、検索結果が早速に表示することができます。

ステップ3:出力形式を選択

ソフトでは様々な出力形式を用意しています。SDカードに入れて保存するには、汎用のMP3またはM4Aを選択したほうがいいです。Apple Musicの音質は256kbpsですから、音質を保持したい方は320kbps MP3または256kbps M4Aを選択してください。

Apple Musicの変換出力形式を選択

ステップ4:Apple Musicの曲をMP3、M4Aに変換

「変換」ボタンをクリックすると、Apple Musicの曲からMP3、M4Aへの変換が始まります。変換が完了した後、「出力先を開く」をクリックしてMP3、M4AになったApple Musicトラックが表示されます。

Apple Musicの曲をMP3、M4Aに変換

ステップ5:出力ファイルをSDカードにコピー

SDカードをSDカードリーダーに入れた後、SDカードリーターをパソコンに接続してください。Apple Musicの曲から変換してきたMP3或はM4AをSDカードにコピーすればいいです。コピー完了後、SDカードリーダーを取り出して、SDカードもリーダーから取り出して、他のデバイスに取り付ければ、その中のMP3、M4Aの曲を楽しめます。

結論とヒント

Apple MusicをMP3、M4Aに変換してからSDカードに入れて保存することこそ正しい方法です。どうでないと、Apple MusicのM4PファイルをSDカードに入れても無意義です。なお、iTunesから購入してダウンロードしたM4V形式のムービーとテレビ番組にもDRM保護が掛かっています。SDカードにコピーしてもほかのデバイスで認識できない問題があります。この問題を解決するには、M4V Converter PlusというiTunes動画DRM解除ソフトを利用して、MP4動画に変換する必要があります。Apple Musicの曲もiTunes M4V動画もSDカードに入れて保存したい場合、Apple Music ConverterとM4V Converter Plusから組んだiTunes変換バンドルをお勧めします。割引で二つのプログラムを入手できます。

まだApple Musicの曲をSDカードに保存する問題に悩んでいますか?Apple Music Converterをインストールして試しましょう。