> 活用記事 > iTunesでApple MusicトラックをオーディオCDまたはMP3 CDに書き込む方法

iTunesでApple MusicトラックをオーディオCDまたはMP3 CDに書き込む方法

分類:Apple Music変換ソフトの活用術|投稿者:森崎 直子|2017年12月20日

概要

2014年には、史上初めてデジタルアルバム売上がCDアルバムを上回ることになりました。それでも、CDを好む人が多いです。Apple Musicサービスを購読してiTunesでダウンロードしたApple MusicトラックをオーディオCDに書き込もうとしたのですが、問題が発生ました。ここでは、Apple Musicの曲を簡単にCDに書き込む方法をご紹介します。

CDを購入している方もいまだに多い

オーディオCD

昔、音楽トラックを楽しむ最良な方法がCDを購入してパソコン或は車で聴くことです。時が経てば経つほど物事も変わっていきます。今、多くの人がSpotify、Apple Music、Google Play Musicなどからデジタル音楽をダウンロードすることになります。Nielsen SoundScanの調査により、2014年には史上初めてデジタルアルバム売上が CD アルバムを上回ることになりました。しかし、すぐにCDが消えてしまうことは言えません。実は、Media Insights & Decision In Action(MIDiA)というメディア・技術分析会社の2016年二月の調査により、「音楽消費者の割合はCD消費者が一番高くて32%を占め、コンサート参加者は28%、音楽をダウンロード者は25%、購読者は10%でした」。

iTunesで音楽トラックをCDに書き込む

iTunesでMP3 或はM4A音楽トラックをオーディオCDに書き込むのは簡単です。楽曲をiTunesライブラリに追加して、作成した音楽プレイリストを右クリックすると、「プレイリストからディスクを作成」というオプションが表示されます。

iTunesでプレイリストからディスクに作成

「プレイリストからディスクを作成」を選択して、「ディスク作成設定」のサブウィンドウが表示されます。「オーディオCD」にチェックが入っていることとを確認してください。また、「CD-Textを含める」をチェックして、track01 の代わりにアーティスト、タイトル、アルバムなどのトラック情報が表示されます。後、「ディスクを作成」をクリックすると、音楽トラックをオーディオCDに書き込むが始まります。

iTunes ディスク作成設定

車のオーディオシステムまたは他のデバイスでMP3 CDに対応されている場合、音楽トラックをMP3 CDに作成することができます。MP3 CDがオーディオCDより多いトラックを入れます。一般的に、一つのオーディオCDが80分程度の曲、或は10~20ぐらい曲だけを入れます。高品質の320kbps MP3の1曲当たり約10MBで、700MBのCDにはだいたい70トラックを入れます。

ただし、これは保護されていない音楽トラックと2009年以前に販売された保護されていたM4Pトラックにのみ適用されます。ダウンロードしたApple MusicトラックとApple Musicプレイリストに適用されません。

Apple Musicトラック/プレイリストをCDに作成したら

実は、たとえダウンロードしたApple Musicトラックであっても iTunesでオーディオCDに書き込むことができません。Apple Musicトラックを含むプレイリストを書き込もうすると、どうなりますか?

Apple Musicプレイリスト或は全てのトラックがApple Musicトラックであるプレイリストをディスクに作成したい時に、プレイリストを右クリックしても「プレイリストからディスクを作成」というオプションが表示されません。

Apple Music プレイリストを右クリック

Apple Musicトラックを含むプレイリストを右クリックして、「プレイリストからディスクに作成」というオプションが表示されますが、「ディスクを作成」ボタンをクリックした後、「一部のファイルをオーディオCDに書き込めません。このプレイリストの残りのファイルを書き込みますか?」という警告メッセージが表示されます。詳細を見ると、「トラックは、Apple Musicの曲であるためディスクに書き込みません」が表示されます。

Apple Musicの書き込みエラー

書き込みを続けますが、Apple Musicトラックが CDに書き込めません。この時、Apple MusicトラックをオーディオCDに書き込みが、どうすればいいですか?挫折しないでください。 Apple Musicの書き込みに関する問題を完全に解決するために、TuneMobie Apple Music Converterを公開しました。

TuneMobie Apple Music Converter:完璧なApple MusicをCDに書き込むソリューション

Apple MusicをCDに書き込む

TuneMobie Apple Music Converterを利用すれば、16倍の高速でApple Musicの曲をMP3、M4A、FLACに変換することが出来ます。出力のMP3またはM4Aファイルがタイトル、アーティスト、アルバム、ジャンル、トラック番号、ディスク番号などのApple Musicの曲の情報を保持します。また、出力ファイルの名前と保存フォルダを変更することができます。

TuneMobie Apple Music Converteを利用して、WindowsでApple Musicの曲をダウンロード不要で変換することができます。また、最新バージョンのWindows 10、Mac OS及びiTunesとの互換性が高いです。iTunes 音楽ライブラリが統合されていることには、本当に使いやすいです。

Apple MusicトラックをMP3或はM4Aへ変換した後、iTunesで出力のMP3/M4AファイルからオーディオCDに書き込めます。今すぐこのApple MusicをCDに作成するソリューションをダウンロードしてインストールしましょう。

簡単にApple MusicをオーディオCD或はMP3 CDに書き込む

ステップ1:TuneMobie Apple Music Converterを起動

TuneMobie Apple Music Converterを実行すると、iTunesも自動的に起動されます。全てのiTunesプレイリストが左側パネルに表示されます。Apple Musicプレイリストが特別に下側に表示されます。Apple Musicプレイリストが別々に下側に表示されますし、他のApple Musicトラックがミュージックプレイリストで表示されます。

TuneMobie Apple Music Converter インターフェース

ステップ2:Apple Musicトラックを選択

ミュージックプレイリスト或はApple Musicプレイリストをクリックして、変換したいApple Musicの曲をチックしてください。お気に入りのApple Musicトラックを選択して一括変換することができます。内蔵された検索ボックスを利用してトラックを早速に検索することも出来ます。ダウンロードしたApple Music M4PトラックもiTunesライブラリに追加したオンラインのApple Musicトラックも変換また検索することが出来ます。

ステップ3:MP3出力形式を選択

Apple MusicをオーディオCDに書き込みたい時に、出力形式をMP3またはM4Aにすることがいいです。Apple MusicをMP3 CDに書き込みたい時に、出力形式をMP3にしてください。「MP3 - High Quality (48000Hz, Stereo, 320kbps)」というオプションをお勧めします。そうすれば、ロスレスでMP3へ変換することができるし、もっと良い音質のオーディオCDまたはMP3 CDも作成することができます。

出力したい形式を選択

必要があれば、下側パネルで出力フォルダを選択し、「オプション」ボタンをクリックして変換スピードまたはファイル名前、フォルダを変更してください。

ステップ4:Apple MusicをMP3に変換

ここで、「変換」ボタンをクリックすると、Apple MusicからMP3に変換することが始まります。変換完了後、「出力先を開く」をクリックして、CDに書き込めるMP3形式になったApple Musicトラックが表示されます。

Apple Musicの曲を変換

ステップ5:MP3をiTunesライブラリに追加してプレイリストを作成

まず、TuneMobie Apple Music ConverterとiTunesを閉じてください。その後、iTunesを再起動してください。ライブラリには同じ名前を持つApple MusicトラックとMP3を混乱させないために、変換されたApple Musicトラック或はプレイリストを削除することをお勧めします。

iTunesで「ファイル」>「ライブラリにファイルを追加…」或は「フォルダーをライブラリに追加…」をクリックしてオーディオCDまたはMP3 CDに書き込みたい変換したApple Musicトラックを追加してください。

楽曲をiTunesライブラリに追加

プレイリストを作成して書き込みたい曲を追加してください。上記のとおり、オーディオCDとMP3 CDに書き込めるトラック数が違いです。オーディオCDの時間制限やMP3 CDの容量制限を超えないでください。

ステップ6:変換されたApple MusicトラックをCDに書き込む

空のCDをドライバに挿入する前に、ドライバがCDを作成できる CD-RW、DVD-RW或はBD-REであることをご確認してください。プレイリストを右クリックして「プレイリストからディスクを作成」をクリックするし、或は「ファイル」>「プレイリストからディスクを作成」からトラックをCDに書き込むことができます。書き込みプロセスが終了すると、ドライバを取り出してください。これでは、車、PCまたは他のCDに対応するデバイスでCDを楽しむことができます。

結論

デジカル音楽ダウンロード配信が音楽市場で支配的な地位を占めが、大手企業の音楽ストリーミングサービスが参入し、ますます競争が激しくなっています。いつかは、 CDを使用している人も徐々に音楽オンラインダウンロードに転換することを予測できます。でも、CDは市場からすぐに消えてしまうことと言えません。