> 活用記事 > Apple Musicの曲をウォークマンに入れて聴く方法

Apple Musicの曲をウォークマンに入れて聴く方法

分類:Apple Music変換ソフトの活用術|投稿者:森崎 直子|2018年1月10日

概要

音質の良いオーディオプレーヤーと言ったら、すぐにソニーのウォークマンが頭に浮かび上がります。ウォークマンの音質は、iPod Nano、iPod Shuffle、様々な携帯電話と普通のMP3プレーヤーより良いであることは皆が認めています。しかし、今はApple Musicを代表として、定額制ストリーミング音楽の時代に突入しました。ですが、最近「Apple Musicの曲をウォークマンに入れて聴く方法はありませんか」という質問が増える一方です。これを実現するには、Apple Music変換ソフトが必要です。この記事ではApple Musicをウォークマンで再生可能のMP3、M4A形式に変換できるApple Music Converterとその使い方を紹介します。

ソニーウォークマンはApple Musicの曲のM4P形式に対応できません

ソニーウォークマン

「だからハイレゾは、やっぱりウォークマン」というのは、現在ソニーの公式サイトでウォークマンのスローガンです。ウォークマンは良い音質を持っているオーディオプレーヤーは、皆が認めています。今、ウォークマンも時代の発展とともに、主にCDの再生ではなく、MP3、M4A、WAV、FLACなど様々な音楽ファイルの再生に設計されました。しかし、今音楽の聴く方式も変わっています。Apple Music、Spotifyなどの定額制ストリーミング音楽は相次いで日本に上陸しました。980円の月額で数千万の曲が聴き放題と宣伝しています。もちろん、iPhone、iPad、Android、WindowsとMacなどApple Musicの対応デバイスなら、Apple Musicの三ヶ月の無料トライアル期間を加入したら、或は既にApple Musicを購読しているなら、聴き放題とも言えます。ただし、ウォークマンはiOSデバイスでもなく、Androidデバイスでもなく、直接にApple Musicの曲を聴くことが不可能です。

Apple Musicの曲はパソコン、iOSとAndroidにダウンロードしてオフラインで聞くことが可能ですが、Apple IDに関連付けられています。また、ダウンロードしたApple Musicの曲はDRM保護付きのM4P形式です。たとえウォークマンに移行しても、ウォークマンも認識できません。ウォークマンでApple IDをサインインすることも不可能です。「Apple Musicを使い始めてから、ウォークマンを使わない日が増えたのが寂しい」とたいへん惜しいと嘆いたユーザーもあります。「Apple Musicを聴いて、ウォークマンを放っておく」と「Apple Musicの曲を聴かないでウォークマンを使用する」など二つの選択肢以外、「Apple Musicの曲をウォークマンに入れて聴く」という選択肢を実現できますか。

ウォークマンはMP3、M4A、FLAC、WAVなどの音楽形式に対応しているため、Apple Musicの曲をウォークマンで再生可能の音楽形式に変換すれば良いです。幸いなことに、TuneMobie Apple Music ConverterというApple Music変換ソフトがあります。

Apple Musicをウォークマンで聴く

TuneMobie Apple Music Converter:簡単にApple MusicをMP3、M4A、FLACなどに変換

TuneMobie Apple Music Converterは曲の情報を保持したまま、Apple Musicの曲、M4B/AA/AAXオーディオブック、M4A、M4P、AIFFなどiTunesで再生可能の音声形式をロスレスでMP3、M4A、FLACなどに変換できるiTunes音声変換ソフトです。Apple Musicを購読している方は絶対見逃してはいけないソフトウェアです。

Apple Music変換ソフト

  • Apple Musicの曲をウォークマンで再生可能のMP3、M4A、FLACに変換
  • Apple Musicの曲をiTunesライブラリに追加することだけで変換可能、ダウンロード不要
  • 256kbpsのApple Musicの曲をロスレスで、320kbps MP3或は256kbsp M4Aに変換
  • タイトル、アーティスト、アルバム、ジャンル、トラック数、ディスク数などの曲の情報を出力に保持
  • ID3タグとハイフン、スラッシュ、スペースなどの文字で出力のMP3、M4Aを分類・改名
  • 最大16倍の高速でApple Musicの曲を一括変換
  • 最新のWindows 10、macOS High SierraとiTunesバージョンに対応

Apple Musicの曲を変換してからウォークマンに入れて聴く方法

ステップ1:TuneMobie Apple Music Converterを起動

このApple Music変換ソフトを実行すると、iTunesも自動的に起動されます。iTunesの音楽ライブラリも自動的に読み込まれます。Apple Musicの曲、Apple Musicプレイリストなどは左のパネルで表示されます。

TuneMobie Apple Music Converterのインターフェース

ステップ2:Apple Musicトラックを選択

プレイリストを選択して、ウォークマンに入れたい曲をチェックしてください。トップのチェックボックスを選択したら、プレイリストにある全ての曲は選択されます。内蔵の検索ボックスを活用したら、すぐに曲を探し出せます。

変換したいApple Musicの曲をパソコンにダウンロードしなくてもいいです。iTunesライブラリに追加されたら変換可能です。とても便利です。

ステップ3:ウォークマンで再生可能の音楽形式を選択

Apple Music Converterは八つの出力を用意しています。その中に、ウォークマンで再生可能の形式はMP3、M4AとFLACです。ニーズによって、いずれを選択すれば良いです。Apple Musicの音質は256kbpsから、320kbps MP3或は256kbps M4Aなら、音質損はなくて、ロスレスで変換できます。

M4Aを出力形式にする

また、出力フォルダを指定できるし、「オプション」で変換スピードを調整できるし、ID3タグと文字でファイル名前及びフォルダをカスタムすることもできます。一般的に、16倍の変換スピードで適用することには問題がありません。ただし、インターネット接続が不安定或は速度が出ない場合で、ダウンロードされていないApple Musicトラックの変換スピードを遅くにすることをお勧めします。

ステップ4:Apple Musicの変換を開始

「変換」ボタンをクリックすると、Apple Musicの曲はMP3、M4A、FLACなど指定の形式に変換されます。変換完了後、「出力先を開く」をクリックして、Apple Musicから変換したMP3、M4A或はFLACの曲が表示されます。

Apple MusicをM4Aに変換

ステップ5:ドラッグ&ドロップで音楽をウォークマンへ転送

Apple Musicから変換したMP3、M4A或はFLACなどの曲をウォークマンに入れるには、いくつかの方法があります。Music Center for PC、Content Transfer、x-アプリ、Media Goなどウォークマンの公式サイトで紹介した専用ソフトを使用して、ウォークマンに曲を転送することができます。一番易い方法はドラッグ&ドロップで直接ウォークマンにコピーすることです。

USBケーブルを使って、ウォークマンをPC或はMacに接続して、ウォークマンは取り外し可能のデバイスとして表示されます。Apple Music変換の出力フォルダをドラッグして、ウォークマンのMUSICフォルダにドラッグすれば良いです。非常に簡単です。必要の場合は、ソニーの公式サイトで、「ドラッグ&ドロップで音楽をウォークマンへ転送する」という説明ページをご覧ください。

ドラッグ&ドロップで音楽をウォークマンへ転送

結論とヒント

今ソニーの公式サイトで、11880円のNW-S310/NW-S310Kシリーズ、21880円のNW-A40シリーズ、64880円のNW-ZX300と299880円のNW-WM1Zなどのウォークマンが販売されています。たとえApple Musicを購読しても、ウォークマンを諦める必要があります。MP3、M4A、FLACなどの音楽形式さえ対応できるウォークマンなら、Apple Musicの曲聴き放題が簡単で可能です。音楽聴きに専念するウォークマンこそ、Apple Musicの曲を聴くに最適なデバイスかもしれません。

Apple Musicを購読していて、ウォークマンを持っている方は、好きなApple Musicの曲をウォークマンに入れて、持ち歩いて存分に楽しめましょう。