> 活用記事 > Apple MusicトラックをダウンロードしなくてもMP3に変換する方法

Apple MusicトラックをダウンロードしなくてもMP3に変換する方法

分類:Apple Music変換ソフトの活用術|投稿者:森崎 直子|2017年12月22日

概要

2017年9月、Apple Music購読者は既に3000万人を超えています。Apple MusicをMP3に変換したい購読者がだんだん多いになります。この記事では、Apple MusicトラックをダウンロードしなくてもMP3に変換する方法を紹介します。TuneMobie Apple Music Converterという専門なApple Musicの曲をMP3に変換ソフトが必要です。

なぜApple Musicの曲をMP3に変換したいですか?

Apple MusicをMP3に変換

Apple Musicを購読しているデバイスでリストされた楽曲のみ聴くことができます。Apple Musicの要件に従って、モバイルデバイスはwatchOS、tvOS、iOS 8.4+または Android 4.3+でなければなりません。iPod Nano、iPod Shuffle、一般的なMP3プレイヤー、PSP、ソニーウォークマンなどのデバイスではApple Musicトラックを再生できません。デバイスと互換性がなく保護されたM4P形式であるまたApple IDとの認証する方法がないため、PC にトラックをダウンロードしてもApple Musicトラックを楽しむことはできません。また、iMovie、Final Cut、Filmoraなどのビデオ編集ソフトウェアやDVD作成ソフトウェアにお気に入りのApple Musicトラックを背景音楽として使用したいですが、Apple Musicトラックをインポートできません。

だから、多くの人が同じような質問があります: 「ダウンロードしたApple MusicトラックがM4P形式であり、どのようにApple MusicをMP3形式に変換できますか?」

上記の問題を解決するため、オーディオ録音ツールで楽曲を再生して録音します。でも、この方法が不便利で、時間ガかかります。この記事では、専門なApple Musicの曲をMP3に変換するソフトを紹介します。

強力なApple MusicをMP3に変換するソフト:TuneMobie Apple Music Converter

ダウンロードしたApple Musicトラックが保護されたM4P形式であり、市場にはほとんどのオーディオ変換ツールで変換することができません。ほかの同類製品と比べると、TuneMobie Apple Music Converterという強力なApple Musicの曲をMP3に変換するソフトが目立ちます。下記のとおり、このソフトがすばらしい機能を搭載しています。

  • Apple Musicの曲を各種デバイスで再生できるMP3ファイルに一括変換
  • タイトル、アーティスト、アルバム、ジャンル、トラック番号及びディスク番号などのID3タグを保持
  • 100%オーディオ品質とメタ情報を保持
  • Apple MusicトラックをダウンロードしなくてもMP3に直接変換
  • ID3タグとハイフン、スラッシュ、スペースなどの文字で出力のMP3を分類・改名
  • 時間を節約するために、最大16倍の高速でApple Musicの曲をMP3に変換
  • 最新のWindows 10、macOS High SierraとiTunesバージョンに対応

五つのステップでApple Musicの曲をMP3に一括変換

ステップ1:TuneMobie Apple Music Converterを起動

TuneMobie Apple Music Converterをインストールして実行すると、iTunesも自動的に起動されます。iTunesライブラリにあるApple Musicトラック、オーディオブック及び他のメディアファイルがプレイリストとして左側パネルで表示されます。AppleからのApple Music プレイリストが左側パネルの下に表示されることをご注意ください。

TuneMobie Apple Music Converterのインターフェース

ステップ2:Apple Musicトラックを選択

プレイリストをクリックすると、Apple Musicトラックの前にチェックボックスが表示されます。複数のApple Musicトラックを選択したい時に、複数のチェックボックスをチェックできるし、情報バーにあるチェックボックスをチェックして全てのトラックを選択することもできます。Apple Musicの曲をチェックすると、アルバムアートワークとジャンルが表示されます。

変換したいApple Musicトラックを見つけない時に、内蔵された検索ボックスに曲のタイトル、アーティスト或はアルバム名前で検索してみてください。変換したいApple Musicトラックをパソコンにダウンロード必要がありませんが、すでにiTunesライブラリに追加したことをご確認ください。

ステップ3:出力形式をMP3にする

下側パネルにある出力形式リストで「MP3 - MPEG-1 Audio Layer 3」を選択してください。実は、MP3がデフォルトの出力形式です。ロスレスでMP3ファイルに変換したいと、「MP3 - High Quality (48000Hz, Stereo, 320kbps)」を選択することをお勧めします。ここで、出力フォルダを設定することもできます。

Apple Musicの出力形式を選択

ステップ4:ファイル名前と変換スピードのオプションを設定

「オプション」ボタンをクリックすると、環境設定ウィンドウが表示されます。ここで、Apple Musicの曲をMP3に変換のスピードが最大16倍までをご自由に調整できます。Apple Musicトラックをダウンロードしなくてまたはインターネット速度が出ない場合で、スピードを遅くにすることをお勧めします。一般的に、時間を節約するために16倍の変換スピードにしてください。

オプションを変更

ステップ5:Apple Musicの曲をMP3に変換

「変換」ボタンをクリックすると、Apple Musicの曲をMP3に変換することが始まります。変換が完了した後、「出力先を開く」をクリックしてMP3になったApple Musicトラックが表示されます。今、出力のMP3をPSP、PS3、ソニーウォークマン及びほかのMP3プレイヤーに入れ、iPod Nano、iPod Shuffleに同期できて、ビデオ編集ソフトウェアまたは DVD作成ソフトウェアの背景音楽として使用することもできます。

Apple Musicの曲をMP3に変換

結論

Apple Musicの曲をMP3に変換することは、自分のデバイスだけでApple Musicトラックを楽しむための方法です。出力のMP3ファイルをインターネット上で共有することはお勧めしません。Apple Musicのサブスクリプションをキャンセルしたら、出力のMP3ファイルも削除しなければなりません。

TuneMobie Apple Music Converterは、購入したM4Vビデオやインポートされたホームビデオから音声を抽出し、MP3として保存することもできます。Apple以外のデバイスで購入したiTunesムービー、テレビ番組及びミュージックビデオを楽しみたい場合は、M4V Converter Plusをお試しください。この二つの製品を激安で取得したいと、iTunes Converter Toolkit が最適です。