> 活用記事 > iTunes M4V動画をAdobe Premiere Proで編集する方法

iTunes M4V動画をAdobe Premiere Proで編集する方法

分類:iTunes M4V変換ソフトの活用術|投稿者:村上 優|2018年3月1日

概要

Adobe Premiere Proは最も強力な動画編集ソフトの一つであり、iTunesは最大のオンライン動画の販売ストアの一つであります。ですが、iTunesストアからダウンロードしたM4V動画をAdobe Premiere Proにインポートして編集したいユーザーも多いです。しかし、iTunes M4V動画はDRM保護付きのため、Adobe Premiere Proを始め、全ての動画編集ソフトが対応できません。Adobe Premiere ProでM4V動画を編集するに、まずM4V Converter PlusというソフトでM4V動画からDRMを解除して、MP4動画に変換する必要です。

Adobe Premiere Proが対応できる動画形式

Adobe Premiere Proは最も強力な動画編集ソフトとして、多くの動画編集者に使われています。プロの広告と素晴らしいムービーの作成・編集に役に立てます。Windows版とMac版もあります。2018年3月現在で、Adobe Premiere Proが読み込み可能の動画と静止画の最大フレームサイズは256メガピクセルで、いずれの方向も最大サイズは 32,768 ピクセルです。Adobe Premiere Proは3GP、3G2、Apple ProRes、ASF、AVC-Infra、AVI、DV、H.264 AVC、H.265、M2T、M2TS、M1V、M2V、M4V、MP4、MOV、MPEG-1、MPEG-2、MTS、MXF、VOB、WMVなど多くの動画形式とMP3、WAV、M4A、BWF、ASND、AAC、AIFFなど多くの音声形式に対応しています。主流の動画に変換しているため、殆どの場合は動画を変換する必要がありません。とても便利です。

Adobe Promiere Proの対応動画形式のリストにM4Vがありますが、DRMで保護されていないM4V動画を指します。iTunesストアからダウンロードしたM4V形式のムービー、テレビ番組とミュージックビデオはDRM保護付きのため、Adobe Premiere Proでは読み込めなくて、編集できません。そのため、AdobeフォーラムとAppleコミュニティで、どうすればM4V動画をAdobe Premiere Proで編集できることを質問するユーザーも多いです。

Adobe Premiere ProでiTunes M4V動画を編集

"Adobe Premiere CCでiTunes動画を編集する方法を探しています。しかし、動画を読み込むと、動画ファイルは破損されたというエラーが表示されます。iTunesで動画はちゃんと再生できます。何か方法がありますか。"

"iTunesムービーはDRMで制限されることは知っていますが、Adobe Premiere Proで編集する方法はありませんか。"

このような質問が多いです。幸いなことに、iTunes M4V動画のDRM解除は想像のほど難しいではありません。TuneMobie M4V Converter PlusというプロのDRM解除ソフトを使ったら、幾つかのクリックでM4V動画を汎用のMP4動画に変換できます。

TuneMobie M4V Converter Plus - iTunes M4V動画向けの専門のDRM解除ソフト

TuneMobie M4V Converter PlusはiTunes M4Vムービー、テレビ番組とミュージックビデオ向け、専門なDRM解除ソリューションです。購入したものではなく、レンタルしたM4Vムービーにも適用できます。M4V Converter Plusは30倍の高速変換でM4V動画からDRMを解除して、ロスレスでMP4に変換します。出力のMP4動画は問題なくAdobe Premiere Proで編集できます。これでiTunes M4V動画の編集を実現します。

M4V Converter Plusは非常に使いやすくても、素晴らしい機能を持っています。

  • 多言語の字幕と音声トラック、ドルビー5.1トラック、クローズドキャプション、音声説明をそのままで保存
  • iTunes M4V動画を100%ビデオ品質を保持したままMP4に変換
  • 驚くほど超高速の30倍変換スピードで、たとえ2時間の1080P HDムービーも20分のうちに変換完了
  • 一括変換が可能、変換開始と余計なクリックと操作が要らない
  • 使いやすいインターフェースを搭載、検索ボックスを内蔵
  • Windows 7/8/8.1/10 と macOS 10.9.5 - 10.12までのOSに対応

iTunes M4V動画をMP4動画に変換してからAdobe Premiere Proに追加して編集

ステップ1:TuneMobie M4V Converter Plusを起動

TuneMobie M4V Converter Plusを起動すると、iTunesも自動的に起動されます。「ファイルを追加」ボタンをクリックすると、iTunesライブラリにある全てのM4Vムービー、テレビ番組とミュージックビデオはプレイリストとして読み込まれて左側パネルで表示されます。

iTunes M4V動画

ステップ2:Adobe Premiere Proで編集したいM4V動画を追加

ムービーをクリックして選択して、或は「Ctrl」、「Shift」キーを押して複数の動画を一括選択します。その後、「追加」ボタンをクリックしてムービーを変換リストに追加します。また、「全てを追加」をクリックしてリストされた全てのムービーを選択できます。また、内蔵の検索ブックスで動画を早速に検索できます。

M4V変換リスト

ステップ3:音声と字幕トラックを選択

デフォルトでは、M4V Converter Plusが全ての多言語の字幕とオーディオトラック、クローズドキャプション、オーディオの情報及びDolby 5.1トラックを保持します。保持したくないトラックは、チェックを外せばいいです。

M4Vの字幕を音声トラックを選択

ステップ4:DRM解除とMP4への変換を開始

「変換」ボタンをクリックすると、変換が始まります。すぐに変換完了後、履歴で変換されたM4V動画が表示されて、出力先を開けます。

iTunes M4Vムービーを変換

ステップ5:変換されたM4V動画をAdobe Premiere Proで編集

Adobe Premiere Proを起動して、新しいプロジェクトを作成して、ワークスペースを設定して、「メディアブラウザー」を利用して、iTunes M4V動画から変換したMP4動画を読み込んで、クリップのシーケンスを作成して、読み込んだMP4動画をドラッグして編集が可能です。これは概要です。詳しい情報はAdobeの日本語の公式サイトで操作ガイドをご覧ください。

変換されたiTunes M4V動画をAdobe Premiere Proで編集

結論とヒント

Apple Musicを購読している場合、お気に入りのApple Musicの曲をAdobe Premiere Proのムービープロジェクトにバックグラウンド音楽として追加したい時もあります。その場合、Apple Music ConverterでApple MusicのM4PファイルをAdobe Premiere Proが対応可能のMP3、M4A、AIFFに変換する必要があります。iTunes M4V動画もApple MusicもAdobe Premiere Proで利用したい場合、M4V Converter PlusとApple Music Converterから組んだiTunes変換バンドルのiTunes Converter Toolkitをお勧めします。バンドルを購入すると、割引があって、二つの製品を別々に購入するより安いです。

M4V Converter Plusがあれば、Adobe Premiere ProでM4V動画の編集は容易いことです。iTunes M4V動画から素晴らしいムービーを作りたい方は、M4V Converter Plusをお見逃ししないでください。