> 活用記事 > Spotify音楽をCDに焼いて、オーディオCDを作成する方法

Spotify音楽をCDに焼いてオーディオCDを作成する方法

分類:Spotify変換ソフトの活用術|投稿者:丸山 正夫|2018年5月23日

概要

最近Spotifyなどの定額制のストリーミング配信サービスの盛りのため、CDを買う人は減らして、CDの売上も下げる一方です。しかし、こう言っても、CDが好きな人はまだ多いです。Spotify Premium会員に参加して、好きな曲をCDに焼きたい購読者も多いです。しかし、Spotify Premiumからダウンロードした曲はDRM保護付きのOggファイルであり、CDに書き込めません。SpotifyアプリケーションもCD作成機能を持っていません。Spotify音楽をCDに作成するに、まずSpotify音楽を書き込み可能のMP3、M4A、WAVなどに変換する必要があります。

Spotify音楽を直接CDに書き込むのは不可能

Spotify

定額制のストリーミング配信サービスであるSpotifyは無料版のSpotify FreeとSpotify Premiumなど二つの利用可能の種類があります。Spotify Freeは、オフライン再生に対応していないため、曲のダウンロードが不可能です。故に、Spotify音楽をCDに焼くことは不可能です。有料会員のSpotify Premiumなら、曲をダウンロードして、インターネット接続のない時、オフラインで再生することが可能ですが、ダウンロードした曲はDRM保護されたOggファイルであり、CDに書き込めるものではありません。なぜなら、Spotify自体はCD作成機能を持っていなくて、iTunes、Windows Media Playerまたは他のCD作成ソフトはDRM保護されたOggファイルを認識できませんから。つまり、たとえSpotify Premiumに参加しても、Spotify音楽から直接のCD作成が不可能です。

せっかくSpotifyを利用したのに、気になった音楽をCDに作成してから車のCDプレーヤーで聴くのは不可能で、本当に残念です。やはりSpotify音楽からのCD作成を諦めるしかありませんか。

もしSpotify音楽をMP3、M4A、WAVなど書き込み可能の音声形式に変換できれば、問題をちゃんと解決できます。幸いなことに、Spotify Music Converterというソフトなら、簡単にSpotify音楽を高音質のMP3、M4A、WAVとして保存することができます。

TuneMobie Spotify Music Converter:Spotify音楽をMP3、M4A、WAVなどに変換

TuneMobie Spotify Music Converter

TuneMobie Spotify Music Converterは、無料版のSpotify Freeと有料版のSpotify Premiumにかかわらず、Spotifyの曲、アルバムとプレイリストを一気にダウンロードして、MP3、M4A、WAVまたはFLACなどの形式としてパソコンに保存できるSpotify変換ソフトであります。ダウンロードした曲に、曲名、アルバム、アーティスト、トラック番号、ジャンルとアートワークなどの情報を丸ごと保存できます。

Spotify Music ConverterはSpotifyアプリケーションと連動する必要があります。常に最新のSpotifyバージョンに対応可能です。公式サイトのSpotifyまたはWindows Store版のSpotifyにも対応しています。また、Spotify Music Converterは最新のWindows 10またはmacOS High Sierraに対応しています。

Spotify Music Converterを通じて、Spotify音楽をMP3、M4A、WAVなどの形式として保存したら、iPod Nano/Shuffleとウォークマンでのオフライン再生が可能で、オーディオCDへの書き込みも可能になりました。

Spotify Music Converterは非常に使いやすいです。わずかのクリックでSpotify音楽をMP3、M4A、WAVとして保存できます。

ステップ1:Spotify Music Converterを実行します。同時にSpotifyも自動的に起動されます。Spotify音楽をMP3、M4A、WAVとして保存する作業が完了するまで、Spotifyを閉じないでください。

ステップ2:「ファイルを追加」をクリックした後、Spotifyから曲、アルバムとプレイリストをSpotify Music Converterに追加する必要があります。Spotifyから曲、アルバムとプレイリストを直接にSpotify Music Converterにドラッグ&ドロップして追加できます。或いはSpotifyで右クリックして、シェアに移動して、曲、アルバムまたはプレイリストのリンクをコピーして、Spotify Music Converterの左下の空欄にペーストします。

Spotifyプレイリストを追加

ステップ3:曲、アルバムまたはプレイリストの追加の後、曲がチェクしたまま表示されます。ダウンロードしたくない曲を外せます。

Spotifyプレイリストの曲を選択

ステップ4:Spotify Music Converterの既定の出力の形式は320kbps MP3です。オプションボタンをクリックして、M4A、WAVなどに変更できます。変更する必要のない場合、直接に次のステップへ進めます。

ステップ5:「変換」ボタンをクリックすると、Spotify音楽はMP3或いは指定の音声形式としてダウンロードされます。履歴ボタンをクリックして、ダウンロードしたMP3ファイルが表示されます。フォルダアイコンをクリックして、出力先を開けます。

Spotify音楽の変換中

Spotifyからダウンロードした音楽はMP3、M4A、WAVなどの形式であるため、CDに焼くのは可能です。iTunes、Windows Media Player、RealPlayerまたは様々なCD作成に対応した書き込みソフトを利用すると、Spotify音楽をCDに焼くことを実現できます。ここではWindowsでもMacでも利用可能のiTunesを通じて、ダウンロードしたSpotify音楽をCDに焼く方法を紹介します。

Spotify音楽から変換したMP3、M4A、WAVなどをCDに書き込む

ステップ1:iTunesを起動して、メニューの「ファイル」 > 「ファイルをライブラリに追加」をクリックして、Spotifyから変換したMP3、M4A、WAVなどの音楽ファイルをiTunesライブラリに追加します。

ステップ2:iTunesで新しいプレイリストを作成して、CDに焼きたい曲をプレイリストに追加します。

ステップ3:CDドライブを取り出して、ブランクのCD-Rを入れて、CDトレーを閉じます。

ステップ4:作成したプレイリストを右クリックして、表示されたメニューに「プレイリストからディスクを作成」をクリックします。

ステップ5:表示された「ディスク作成設定」ダイアログで、「オーディオCD」を選択して、「CD-Textを含める」をチェックして、曲の間隔と推奨速度を設定してから、「ディスクを作成」ボタンをクリックすると、CD作成が始まります。

iTunes ディスク作成設定

一つのCDディスクでプレイリストの全ての曲を格納できない場合、二つ目のCDディスクを入れる必要があります。もし車のCDプレーヤーはMP3 CDに対応する場合、Spotify Music ConverterでMP3形式を選択して、上記のディスク作成のステップ5で「MP3 CD」を選択してCDディスクを作成したら、オーディオCDより多い曲を格納できます。

これで、Spotify Free或いはSpotify Premiumを利用しても、Spotify音楽をCDに焼けます。簡単でしょう。Spotifyの曲、アルバムまたはプレイリストをCDに作成したい方、ぜひSpotify Music Converterをお試しください。